【大学生の就職活動】
採用の現場が何を考え、どういった基準で新人を採用しているか、本音を知り尽くした就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
ADVICE
就職活動アドバイス
就職活動 自己分析
OB・OG訪問について
企業研究について
エントリーシートについて
資格について
禁句について
筆記テストについて
就職活動 志望動機
面接について
内定辞退について
インターンシップについて
総合職と一般職
リクルートスーツについて
メール送信の留意点
大学院生の就職活動
関連サイト
経理求人転職情報
屋上緑化
WEBマーケティング
就職活動応援サイト
自己分析.jp
エントリーシートの書き方
就職活動Q&A
面接Q&A
就職インターンシップ
内定は待っていても舞い込むものではない。自分でつかみ取るしかない。就職活動の決め手は「ビジネスの発想」だ。学生に馴染みのない発想であるが、この発想を身につけ実践した学生は納得のいく就職活動を終えることができている。就活は自分を売り込む商談だ
就職活動の現状

出口の見えない景気低迷で、就職戦線は厳しいの一言。企業も学生も苦戦の連続である。

企業は、自己表現力の足りない学生からどう本質を引き出すか頭を痛めている。

一方、お膳立てしてもらうことに慣れきった学生は、どう自分を企業に売り込めばいいのか手探り状態のまま本番突入。

気がついたときには空回りして就職戦線のヤマ場を越えている。

現実は想像以上に厳しく、甘えを許さない。

空回りした学生は着地点の見えないゴールに向かって最後の力を振り絞っても、ゆとり教育世代の悲しさ リセットして出直すすべを失っている。

就職留年を余儀なくされる学生も少なくない。

いま、企業が求める人材の条件は何か?

学生に聞くと、「コミュニケーション能力」とか「問題提起、問題解決型能力」と答えることができる。

それなのに、なぜ就職活動がうまくいかないのであろうか。

面接に臨んで、面接官の気持ちが読み切れなく、話がかみ合わなく失敗しているのである。

相手と向き合い、相手の心を読み、それに対してどのように自分の気持ちを伝えるかにかかっている。

就職活動は企業に自分を売り込む商談である。

事前に作文した問答集の読み上げでは面接官の心は動かない。

その時そのときの場面に応じた対応が求められる。アドリブで自分の本音をぶつけることだ。



飛び込み会社訪問

まず、失敗のない面接に備えて、社会人と対話することを練習しておくことだ。

身近なOB・OGを訪ねるのもよかろう。しかし、なかなか先輩たちがつかまらないのが現状である。

時間はどんどん経っていく。気づくと本番突入ということになりかねない。

そこで、勧めたいのが「飛び込み会社訪問」である。

興味のある企業を、ぶっつけで訪問する。話しかけやすそうな社員を見つけ、直談判する。

「企業研究をしているが先輩がいない。

どうしても興味があるのでお話しいただきたい。

改めてお伺いしますので時間をいただけませんか」と真摯にぶつかることだ。

本気でぶつかり、「そんな時間はないよ」などとむげに断る企業は、こちらから願い下げをすればいい。

ぶつかってくる学生は、自社にとって逸材かもしれないのである。

自ら放棄するような企業はその程度の企業でしかない。

きちんとした企業であれば、仮に多忙で自分が対応できなくても、何らかの方策を示唆してくれる。

まずぶつかってみることだ。

飛び込み会社訪問して就職活動に失敗した学生を知らない。

どのような対話になるかわからない。

ぶっつけ本番である。最初は失敗もあろう。

回を重ねると相手の気持ちが読めるようになり、アドリブでスムーズな対話がとれるようになる。

これでは本番の面接で失敗しようがないではないか。

ただ、週明けの朝など避けるといった、訪問する時間帯の配慮は言うまでもないことだ。


就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
Copyright(C) 黒住皓彦 2005-2012 All Rights Reserved.