【内定辞退】
採用の現場が何を考え、どういった基準で新人を採用しているか、本音を知り尽くした就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
ADVICE
就職活動アドバイス
就職活動 自己分析
OB・OG訪問について
企業研究について
エントリーシートについて
資格について
禁句について
筆記テストについて
就職活動 志望動機
面接について
内定辞退について
インターンシップについて
総合職と一般職
リクルートスーツについて
メール送信の留意点
大学院生の就職活動
関連サイト
屋上緑化
WEBマーケティング
医師求人募集情報
就職活動応援サイト
自己分析.jp
エントリーシートの書き方
就職活動Q&A
面接Q&A
就職インターンシップ

内定辞退について

入社誓約書と内定辞退

本命企業の結論が出る前に、内定の提示があったらどうしよう。

先輩たちも悩んできた。

先行している企業が自分にとってどういう企業か改めて考えてみることだ。

本命企業に失敗したとき、気持ちを切り換えて気分よく勤められそうな企業であれば、有難く内々定を受諾すればいい。

とりあえずもらえるものはという安易な気持ちで受諾すべきではない。相手に失礼である。

その後、本命企業から内々定がでた場合、すみやかに先に内々定いただいた企業にお断りの連絡を入れることだ。

先方にも採用計画がある。

辞退することは相手の採用計画を狂わせることだ。自分を買ってくれ、内々定を出してくださった企業である。

相手の立場を考えて、まだ調整のきく時期に丁重にお断りするのがマナーというものだ。

億劫でも出向いて行き、自分のやりたい仕事が見つかったことを誠心誠意説明して納得してもらい辞退することである。

最近内定受諾の際、誓約書を書かせる企業が増えている。

特に保証人連名で押捺するものも少なくない。

これは企業にとって学生を引き止める苦肉の策だ。

まずは、提出することである。

辞退する際、道義的に責任はあるが、自分の一生の問題だ。就業体験のない学生の判断である。迷いもあろう。

心から頭を下げれば許される。


【就活・内定辞退について】

就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
Copyright(C) 黒住皓彦 2005-2011 All Rights Reserved.