【メール送信の留意点】
採用の現場が何を考え、どういった基準で新人を採用しているか、本音を知り尽くした就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
ADVICE
就職活動アドバイス
就職活動 自己分析
OB・OG訪問について
企業研究について
エントリーシートについて
資格について
禁句について
筆記テストについて
就職活動 志望動機
面接について
内定辞退について
インターンシップについて
総合職と一般職
リクルートスーツについて
メール送信の留意点
大学院生の就職活動
INFORMATION
就職本のご案内
お問い合せ
関連サイト
経理求人転職
屋上緑化
WEBマーケティング+
就職活動応援サイト
自己分析.jp
エントリーシートの書き方
就職活動Q&A
面接Q&A
就職インターンシップ

メール送信の留意点

どんなに親しい先輩であっても社会人と学生という関係をしっかり認識し、節度を保つことである。

堅苦しい文面にすることはないが、ビジネス文書であるという自覚―→普段、友人間のメール交信のように学生言葉・省略語は避け、絵文字など使用しないことは最低限のマナーであろう。

■「件名」での注意

親しみをこめているつもりであろうが初対面の先輩に「こんにちは」などの表現は慎むべきであろう。

「初めまして、××大の○○です」のように送信元を明確にするか「OB・OG訪問お願いの件」などと用件を明示することだ。


「署名」をいれる

「返信」ボタンをクリックすれば返信できるが、簡単に電話で話した方が早いと相手が判断しても、電話番号が明記されていないとすぐに対応できない。

送信元を明らかにするのはビジネスの基本である。

  ex.
     *************
     ダイヤモンド大学 社会学部
     音羽 花子OTOWA HANAKO
     TEL. 090-XXXX-XXXX
     MAIL. hanako@abcdef.ne.jp
     *************


「本文」のポイント

できるだけ用件を中心に簡潔にまとめる。

前書きは簡素でも失礼にならない。「初めまして、××大の○○と申します」とか「先日は、早速にご返信いただきありがとうございました」程度にとどめ、用件に入ればよい。

仮に、内容が膨らみ、長文になってしまったときには「長文で失礼しました」くらいの心配りは必要である。

【就活・メール送信の留意点】

就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
Copyright(C) 黒住皓彦 2005-2012 All Rights Reserved.