【大学院生の就職活動】
採用の現場が何を考え、どういった基準で新人を採用しているか、本音を知り尽くした就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
ADVICE
就職活動アドバイス
就職活動 自己分析
OB・OG訪問について
企業研究について
エントリーシートについて
資格について
禁句について
筆記テストについて
就職活動 志望動機
面接について
内定辞退について
インターンシップについて
総合職と一般職
リクルートスーツについて
メール送信の留意点
大学院生の就職活動
関連サイト
経理求人転職
内科アルバイト情報
WEBマーケティング+
就職活動応援サイト
自己分析.jp
エントリーシートの書き方
就職活動Q&A
面接Q&A
就職インターンシップ

大学院生の就職活動

決定的に異なる院生の採用基準

「企業は学生の潜在能力で判断し採用する」なんてことが言われている。

間違いではなかろう。ただ、可能性で判断されるのは学部生までである。

一般的に給与ベースが、院生と学部生では異なる。同じ新卒で入社するのに院生の初任給は高い。

それだけ院生に期待するレベルが高いということだ。

人柄もよく、意欲的な取り組みは企業の欲しがる要素を満たしている。

学部生であれば、業務に対する適性がありと判断されれば、内定に直結するであろう。

院生は違う。

ビジネスはボランティア活動ではない。

しっかり利益を上げ、株主に社員に利益を配分できなければ永続的なビジネス活動は瓦解してしまう。

給与ベースが異なるということは、それだけの働きをしてもらいますよと言うことだ。

人柄もよく意欲的であっても大学院での研究がどうビジネスに活かせるか提示できなければ、「残念ながら縁がありませんでした」になってしまう。

いままで培ってきたものがどのようにビジネスに活かされるか、しっかりアピールでき、面接官を納得させられるかにかかっている。

学部での就職活動に納得できなかったから、緊急避難的に院に進学なんて甘い判断は命取りになりかねない。

肝に銘じたい。

【大学院生の就職活動】

就職情報誌元編集長の就職活動アドバイス
Copyright(C) 黒住皓彦 2005-2012 All Rights Reserved.